介護の派遣はどんな待遇なのか知っておこう

介護業界の仕事は大変で給料も安く、割に合わないなどと良く報道されますが、派遣社員という制度のおかげで働きやすくなってきています。正社員は自由度もなく、たくさん仕事をしているのに残業代すら払われないなんてこともざらでした。しかし、派遣社員であればこうしたしがらみから脱出することができ、働きたいときに働きたいだけシフトを組むことも可能です。近年多種多様なライフスタイルで生活する人が増えているので、フルタイムでしっかり働かないという人もいます。そんな方でも一定のシフトで働くことで収入を得て、ほかに力を入れている活動などに費やす時間をつくることができます。ストレスから解放されてのびのびと働くことができる介護業界であったなら、働き手も増えていくのではないでしょうか。

介護業界の正社員の待遇と実態はどうなのか

介護の仕事は割に合わないと考えている人もいるでしょう。正社員でも給料は月17万円くらいですからそれも当然といえます。しかし介護福祉士をとることで給料アップは見込めます。それでも介護士の待遇は一般的にはあまり良くありません。夜勤を週の半分くらい入れられることもあります。夜勤があるとほかの人と生活時間が変わってしまうので誰かと遊びに行くのが困難になります。そんな些細なことにストレスを感じてしまいがちです。人手不足が慢性化していて、超高齢化社会においての多様な需要に対応しきれていません。たくさん人を入れないとやっていけないので、介護業界では派遣社員を導入することになりました。派遣社員では正社員と違って様々な面で優れているところがあります。介護業界にはぴったりな制度であったのです。派遣社員という制度が日本の介護業界を変えていくことになるのではないでしょうか。

介護業界の派遣社員が正社員よりも良い理由

普通に考えると正社員の方が派遣社員より給料をもらえると考えるでしょう。しかし、介護業界においてはそうはいかないのです。派遣社員は日勤と夜勤で給料の出方が違います。そのため、正社員よりも多く稼ぐことが可能なのです。正社員だと直接の雇用関係があるため上司などに残業代は出さないけど残業するように説得させられたりします。それとは違い派遣社員であれば、別の会社から派遣されているため、力関係で押し切ることができません。法律で決まっているからであります。正社員では夜勤のシフトも融通が利きません。派遣社員だと、自由に選択することが可能です。フルタイムで働かなくても良いため、自由度が増します。多様なライフスタイルに対応可能なのです。
ひとつの勤務地にずっと縛られることもありません。嫌な職場あったら変えられるし、気に入ったら続けることもできます。