介護の派遣で働きたい時の注意ポイント

少子高齢化が急速に進んでいる日本では、高齢者の方の生活をサポートする介護職の需要が高まっています。人材が不足しているので未経験の方の応募が歓迎されています。この仕事の前から興味があり挑戦したい気持ちがある人は、仕事の求人案件が多い現状の内に探すのがおすすめです。業界での勤務経験がない初心者の方が介護の仕事を始める場合に、派遣会社に登録し派遣社員として働くことを選ぶ人が多いです。研修制度もあるので未経験の人には、派遣社員は働きやすい形態でもあります。しかし派遣社員として介護の仕事をする際は、次のことを注意するようにしましょう。基本的に交通費は支給されない、ボーナスなどはもらえない、昇給される可能性が少ないなどがデメリットとしてあります。この注意点を含めて時給が安く設定されている会社より時給が高く設定されている会社を選び、一定の収入が得られる条件で働くようにします。

平均的な時給の相場と、仕事の案件の選び方

介護の仕事の平均的なアルバイト・パートの時給は、900円から1000円、派遣社員としての時給は1200円前後となります。アルバイトなどの形態とは違って交通費やその他の手当てがつかないので、平均相場よりも低い条件の仕事は避けた方が良いです。資格を取ると時給が高くなるので会社が行っている研修制度を利用して、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。経験を積んだら正規社員としてステップアップしたいと希望する人は、直雇用が前提となる紹介予定派遣の案件を選んで働くことで正規社員として働く道が開けます。長く同じ職場で働き手も派遣経由の勤務だと、お給料が上がる可能性は低いです。経験に見合った金額をもらえるようになるには、積極的に紹介予定派遣を利用するようにします。

派遣で介護職をすることのメリットとは

派遣社員として介護の仕事をすることは、デメリットを多く含んでいます。ただし、直接雇用の契約の社員ではないので、自分の希望する条件で仕事先を選べるというメリットがあります。小さいお子さんがいたりして仕事ができる時間に制限がある方などは、直接雇用の社員として働くよりも派遣会社を通しての働き方が向いています。介護の仕事は夜も利用者の方のお世話をする夜勤の仕事がありますが、夜勤なしで日勤のみの条件で働くことができます。午前中だけの勤務、午後だけの勤務などフルタイムでなくても、短時間だけ働くことも可能です。直接雇用の社員だと必ず夜勤があったり、短時間勤務ができないという現場も多いです。派遣会社経由だと自分の条件に合った仕事を、コーディネーターが個人に合わせて紹介してくれます。