介護の派遣で働きたい人はどうしたらいいのか

日本は高齢化が加速してきているので、高齢者の生活のお世話をする介護の仕事は求人がどんどん増えています。長く需要がある仕事であるため、こちらの業界でキャリアを積みたいと希望する方も多いです。未経験の人が介護職の仕事をはじめるには、慣れるために正社員以外の雇用形態で勤務するのがおすすめです。それにはアルバイトやパートが思いつきますが、派遣会社に登録して派遣社員として勤務する方が働きやすくなります。人材サービスを行っている会社では、事前に研修を設けていたりするので、仕事に入る前に業務で分からないも詳しい人に教えてもらうことができます。資格を持っている人だと、アルバイトなどで働くより時給が良いというメリットもあります。派遣会社を利用すると仕事もすぐに決まりやすいので、早く勤務開始することも可能です。

介護の派遣職は勤務条件が選びやすい

アルバイトやパート、正社員の形で働くと、勤務時間や勤務の曜日があらかじめ決まっているので、自分の希望する条件では働きにくくなります。お子さんがいて残業があまりできない、仕事をどうしても休まなければいけない日があるという状況の人は、派遣だと自分の求める条件で仕事をすることができます。派遣社員として契約だと介護職につきものの夜勤のないシフトで、日勤の勤務のみも可能となります。フルタイムが難しい方でも派遣会社を利用すれば、短時間だけ働ける施設の仕事を紹介してもらえます。介護の仕事の経験のない人は色々な施設で働き、実務経験を積みたいと希望する方もいます。そんな希望がある場合には、派遣社員として働くことが最も向いています。基本的に一つの事業所に出向することになりますが、相談すれば事業所内の複数の施設をまわり働くことができます。

派遣で働く前に知っておきたいデメリット

未経験者でも仕事に慣れやすい、時給がアルバイトやパートよりも高め、自分の希望する条件で働くことができる介護の派遣の仕事はメリットがたくさんあります。しかし施設の直接雇用の社員ではないので、働く上では多少のデメリットも持っています。特に交通費の支給がないので遠い施設で勤務することになっても、通勤に必要なお金は全て自腹になってしまいます。直接雇用の社員ではないので、ボーナスや寸志といったものがありません。ずっと同じ施設で働き続けても昇給することがなく、重要な仕事を任せてもらえないことがあります。キャリアアップをしたい人はある程度の経験を積んだら、正社員の可能性もある紹介予定の案件で働くようにしましょう。介護の派遣の仕事は業務に慣れるまでの、ステップアップの一つとして賢く利用してはいかがでしょうか。